青い毒リンゴ

緑のひと(arashi/NEWS)と、青いひと(eight/JUMP)。

10ヶ月ぶりの…♡

2016/10/02


待ってましたこの日を!

JUMP広島2日目!!

今年初めて、10ヶ月ぶりに、やっと会える!!!


f:id:lirula83:20161020185255j:plain

友達が奇跡的に当ててくれた追加公演。
当落のときは10月なんてまだまだ先だね~なんて言ってたけど
いざ当日になってみても実感湧かないっていう(笑)

友達は嵐のアリツアで、私は去年のJUMPで広島に来ていたので、またグリアリに来れたのは感動もひとしおだった。


いやほんとに友達には感謝しかない…足向けて寝れない…


カウコンで初めて一緒に参戦して、それ以来に会ったけれど、ブランクとか全然感じなくてすごくうれしかった。
JUMPに会えるのと同じくらいその子に会うのが楽しみでしょうがなかった。好きすぎかよ()


席はアリーナの真ん中近くで、中に入っただけで狭っ!!って思ったのに座ってみたらえっ近くね!?ってお互いパニック。カウコンで2人して2階後列(要はド天井)当ててたからその差がハンパない。メンステもセンステも近眼おばさんに優しい距離(泣)ありがたや(泣)

この日までTwitterで流れてくるネタバレ、セトリは一切見てなかったので、1曲1曲がほんとにかっこよくて演出も凝っててとにかくすごくて圧倒されまくりだった。なんならOP映像から感動しっぱなしだし、masqueradeで泣かないわけがない。終始わあああああああ近い!!!かっこいい…ッッ!!!!って幸せ噛みしめててああ、「酔いしれる」ってこういうことなんだなあなんて思いながらあまりにも眩しい9人を必死で目で追っていた。双眼鏡がいらない距離で大好きな人たちを拝める幸せ…

最近はもっぱら7人を見るのに慣れていたから()、自担を中心に9人のかっこいいところを見逃さないようにするのは目が慣れるのに時間がかかって、伊野尾くんに集中しようとする一方でめっちゃ近くで他メンが踊ってくれたりしたらそっちに釘付けになっちゃうし、ああなんて贅沢な状況なんだろう!?!?!?

幸せしかないこんなふわふわきらきらした空間、終わらなければいいのに。

SIUのセリフが交替っていうのは後から知ったんだけれど、偶然伊野尾くんの「感じてんだろ…?」が聴けて最高すぎた。高木くんの「感じさせてくれよ」からの流れを受けてこれっていうのがまたいい。どうにでもしてくれ((

あと衣装が本当にデザイン良くってどれも好き。まっすーデザインのHey!Say!JUMPになってるやつもめちゃめちゃかわいいし。個人的にはSUPERMANからの衣装が割とピタッとしてて華奢な伊野尾くんにすごく合っていて良かった。てかあの衣装で歌ってる曲全部いい。かっこいいの一言に尽きる。うん。(一人で納得)
衣装で言えばいのひかの口説きますもかわいかった…!!王冠がちんまり載ってるのがまずかわいいし、ああいう雰囲気の服なぜか似合っちゃうんだよなあ、、またFuFuやりたい、、

Chikutakuをまた見れると思ってなかったから、ピアノを弾く伊野尾くんが出てきたときには本当に鳥肌が立ったし、バンドアレンジになっているのがめちゃめちゃ良かった。薮くんパートが終わって照明が明るくなった瞬間はJBの一発目がブリュレのバンドアレンジだった時並みの衝撃に近い。(例えヘタクソか)
裕翔くんのドラムを叩く姿はつい大倉くんのそれと比べてしまうんだけれど、彼独特の若さのにじみ出た感じはかっこいいが過ぎる。楽器ができるメンバーがせっかくいるんだからもっと前面に出してもいいんじゃないかなーって改めて思ったよね。もったいない。


その場にいるだけでも夢心地なのに、さらに幸せが、奇跡が、起こりました。

ウィークエンダー裕翔くんがすぐ近くまで来たとき、友達と同じファンサうちわを持って裕翔くんを見つめておりまして。
言わずと知れたファンサ王子なだけあって、周りのみんなも一斉にうちわアピールが始まるわけです。(それにしてもJUMPヲタのうちわはクオリティー高い…)

職人技で対応してい裕翔くんを穴が開くほど見てたら、
確かに自分たちの方向へ指差してくれたのです…あの中から文字通り「見つけてくれた」なんて(震)

「えっまってえっ今指差したのこっちだよね?そうだよね??」って友達としどろもどろ(笑)今思い起こしてもこっちを見ていたと思うからきっとそう。


もうひとつ。
アンコのアリトロが、通らないだろうと思っていたところを想像を絶する近さで来て、しかもMagic Powerでまた裕翔くんが…!

いやこれはもしかしたらもしかするかもしれないんじゃないかとか思って、咄嗟に名前を呼んでみたら、
バーンしてくれました。しかも両手で。
自担じゃなくても死ぬやつ。ノックアウトされました。
こんな距離でこんながっつり、誰でも惚れるわ。

アンコはうさ耳の伊野尾くんのことしか考えてなかったから、予想外の出来事にびっくりしすぎて伊野尾くんほとんど見てなかった(最低)


ぼんやりふわふわしたまま、あっという間に終わってグリアリとさよならすると、念願の広島焼を食べながら打ち上げ。
f:id:lirula83:20161020185442j:plain
伊野尾くんがかっこよかったとか裕翔くんの指差し確認(語弊)とかそれにしてもとにかく伊野尾くんがかっこよかったとか興奮冷めやらぬまま語りまくったけど、
新幹線の都合でもみじまんじゅうを買ってすぐにバイバイした。もっと話したかった、、


広島公演は伊野尾くんの例のスキャンダルが出た直後だったので、初日は「伊野尾くんが全然元気ない」とか言われていたらしく2日目もそれの名残がなんとなくあったようだったんだけれど、初日の伊野尾くんを見ていない私から見れば伊野尾くんは相変わらずきらきらしてたし、妖艶さを兼ね備えたかっこよさは生で見たらキャパオーバーになるくらい伝わってきた。正直言って、倫理的にアウトじゃなければ自分の好きなアイドルが誰と付き合ってようが全然気にしないし、プロとしてどうこうとかあるんだろうけど一応ひとりの人間なんだからヲタクとかマスコミのせいで本人が好きなように生きられないのは悲しい。自担が楽しそうに生きててくれれば何でもいいやって思えちゃう人だから、2日目は笑顔が取り戻せていたようで良かった。伊野尾くんのふにゃっと笑うのほんとに大好きだから。


あと、「どのコンサートに行くか」だけじゃなくて「誰と行くか」ってすごく大事だなっていうのは今回すごく思った。いつも9割くらい1人で入っちゃうから、一緒に行く子を気にすることはまずないんだけど、(そもそも1人なのはそれを考えたくないからっていうのはある)大好きな友達と同じ空間で幸せを分け合うのってこんなにも楽しいものかと。カウコンの時に「ツアーも一緒に行こうね」って約束して、それが叶えられたのはものすごくうれしかった。住んでる距離があまりにも離れているから、ちょっとご飯行こうとかもできないし会えるタイミングは限られているけれど、また来年も一緒に大騒ぎしたい。こんな素敵な友達を持てて良かった。ありがとうね。


また来年、なんて言って別れたけどもう少し早く会えそうだね。ドームで。

f:id:lirula83:20161020185516j:plain